環境に配慮し、あらゆる人に優しい安全、安心なまちづくり。
文理融合型の技術者を育成します。

環境情報コースでは、都市環境工学、都市情報工学、都市経営工学、都市防災工学の基礎的な技術者教育を行います。さらに、近年重要性を増している環境保全対策、防災政策、福祉政策に必要不可欠なリスク管理、社会調査、および合意形成等の手法に習熟し、環境への配慮を常に欠かさない人間中心の視野を持ち、あらゆる人にとって優しい安全、安心なまちづくりを目指す“文理融合型の技術者”の育成を目標とします。

key word 1: 都市学
都市学に関する科目は、主にカリキュラム中の都市経営系に示されています。特に、積雪寒冷地における交通政策、あるいは交通弱者に対するバリアフリーなどの福祉政策の策定において、市民の合意形成を支援する能力を養成します。さらに、市民や社会とのコミュニケーションなどを深く考える社会心理学や合意形成論などの科目群も多数配置し、人間中心の幅広い視野と見識を持った文理融合型の技術者の育成を目指します。

key word 2: 情報
情報に関する基礎的知識の習得はもちろんのこと、情報処理・演習、データ処理論演習、プログラミングなどの応用的な科目も多数配置しています。例えば、高齢社会に求められる人に優しい情報技術や、まちづくりにおける市民参加と合意形成を支援する情報技術の応用なども学びます。またこれらは、防災システムとも深く関連し、都市防災系の科目と共に、防災システムの構築から管理まで幅広く対応できる能力を養成します。

key word 3: 環境
環境関連科目の中心となる都市環境系の科目では、環境問題に関する正しい知識を習得するとともに、環境保全と人間生活が両立できる社会を実現するための考え方、手法を幅広く学びます。実験・実習を多数配置しており、講義で学んだ知識を実践に応用する技術を身につけることができます。例えば、環境の質を把握する方法を環境計測学などの講義で学び、実際の測定方法・計算方法を環境工学実習などで実践を交えて学びます。



TOP
学科紹介
技術者像と学習・教育到達目標
教育の3方針
JABEE

社会環境コース
環境情報コース
カリキュラム
スタッフ
教員公募情報
オフィスアワー
アクセス
リンク

Department of Civil and Environmental Engineering,
              
Hokkai-Gakuen University
環境情報コース