Department of Civil and Environmental Engineering,
              
Hokkai-Gakuen University
学科紹介
将来の高齢社会・情報社会が求める人と環境にやさしいまちづくり

これからのまちづくりは、環境との共生や既存施設の維持管理はもとより、 将来の高齢社会・情報社会を見据える必要があります。 例えば、冬期でも高齢者にやさしい都心環境の整備、 ITの利活用による生活利便性や住民満足度の向上、 セキュリティ対策や防災・災害に強い地域づくりの促進などが重要性を増しています。

このような時代の変化と要請を踏まえ、 社会環境工学科では伝統的な社会基盤施設の整備に関する教育を継承しつつ、 これらに必要な技術と知識に幅広く対応できる能力を身につけるため、 平成19年度から「社会環境コース」と「環境情報コース」の2コース制を展開し、 核となる教員を新規に採用して、教育内容の一層の充実を図っています。 新しい社会環境工学科は、このような時代の変化と要請に対応しながら、 公的機関、民間、そして市民相互の情報交流と連携促進に貢献できる人材を養成します。



導入教育・初年度教育

高校から大学に移ったときには、いろいろなギャップがあり戸惑うことがあります。そのため本学科は、1年次の導入教育・初年度教育には力を入れています。例えば、大学入学前の数学、物理学の履修が十分でない学生に対し、基礎物理数学セミナー、数学基礎セミナー(いずれも選択)を開設しています。また、専門教育への準備として、シビルエンジニアリング(CE)基礎セミナー、あるいは総論などの科目も開設しています。


充実した就職指導・資格取得
本学は、伝統的に高い就職率を誇っています。資格取得の面も充実しており、JABEE認定による技術士補の他にも、測量士補などの資格を卒業と同時に得ることができます。教授陣と、4,000名以上にもおよぶ本学科卒業生のOB会(北杜会)との緊密な連携バックアップによって、皆さんの就職を強力にサポートします。


技術者倫理教育
近年、技術者による不祥事件(原発、食品加工業、自動車メーカー、官製談合、耐震強度偽装など)が多発し、技術者倫理の重要性に対する認識が急速に高まりつつあります。本学科では「技術者倫理・演習」を必修科目とし、さらに科目間での技術者倫理教育を横断的に行うことにより、社会的に信用・信頼される技術者の育成を目指します。



TOP
学科紹介
技術者像と学習・教育到達目標
教育の3方針
JABEE

社会環境コース
環境情報コース
カリキュラム
スタッフ
教員公募情報
オフィスアワー
アクセス
リンク