学科紹介

建築学科

卒業研究(29年度)

平成29年度 卒業研究テーマ

示す資料は昨年度(平成29年度)に提出された卒業論文・卒業設計テーマであり平成30年度の参考テーマではありません。

意匠・計画・環境分野

■佐藤(哲)研究室

静穏な環境に発生する騒音の不快感に関する音響心理実験
個人の騒音暴露量の変化と不快感の関係に関する調査
朝日新聞記事から見た騒音問題の変遷に関する考察
北海道新聞記事から見た道内の騒音問題に関する考察
小説における「静けさ」の表現に関する考察
インスタグラムにおける「静けさ」の表現に関する考察
地下街の休憩場所の快適性に関する調査
視覚障害者が抱える住宅の諸問題に関する調査

■米田研究室

木漏れ火の棲み処(設計)
後世に残る墓(設計)
書道×建築(設計)
自転車のある風景-都心の大型駐輪場を再考する―(設計)
風景と生きる(設計)
虚と実の狭間で(設計)
カエリミチ(設計)
演じる建築-旧新通市場に介入する小劇場群の設計-(設計)
新たなJR森林公園駅の提案(設計)

■石橋研究室

<設計> 北海道大学医学部キャンパスの将来計画と診療・研究・教育融合新棟の提案
<論文> UR 澄川団地住戸の自己改修に関する研究
<論文> 北海道の2次救急医療機関における救急関連部門の空間構成
<論文> 自治活動が住民のコミュニティ形成に与える影響についての研究
<論文> 看護師の休憩・福利厚生関連行為およびその建築空間に関する研究
<論文> 差額病室の差額料と建築的要素との関係

■岡本研究室

沼田町における空き家リノベーション実践 -地方小都市における空き家の活用に関する研究-
地域に貢献する空き家改修の検討と提案 -上川町を事例として-
郊外戸建住宅地の空き家・空き地の発生抑制と活用策 -北野団地と屯田団地にみる居住者の意識-
築35~39年を経た集合住宅の間取りと住みこなし方に関する研究 -UR都市機構澄川団地における団地再生に資する研究-
築35~39年を経た集合住宅にみる和室の利用実態と今後のあり方 -UR都市機構澄川団地における団地再生に資する研究-
階段室の住戸玄関周りの様子と近所つきあいとの関係 -UR都市機構澄川団地における団地再生に資する研究-
日本国内4年生大学建築学科・コース等における色彩教育の現状
構造・材料・施工分野

■串山研究室

CLTを用いた建物の3次元フレームモデル構造解析プログラムの試作

■真柄研究室

3階建て鉄筋コンクリート造の構造計算
実在の木造住宅の耐震診断について

■杉山研究室

コンクリート基礎弾性塗料の屋外環境を想定した劣化が中性化に及ぼす影響に関する実験研究
ひび割れ用バクテリア系自己修復材を使用したコンクリートの 吸水性に関する実験研究
ひび割れ用バクテリア系自己修復材を使用したコンクリートの 吸水浸透性に関する実験研究
ひび割れ用バクテリア系自己修復材を使用したコンクリートの 透水性に関する実験研究
ひび割れに低粘度エポキシ樹脂充填材を低圧注入したコンクリートの強度回復性に関する実験研究
コンクリートの養生条件が強度発現に及ぼす影響に関する実験研究

■植松研究室

鉄筋コンクリート異形柱の構造性能に関する実験的研究
道産木材の利用促進のための技術開発-道産CLTを対象として― その1:ラミナの選抜によるコスト低減効果、その2:CLT現し接合部の構造性能の検証
ブロック状の道産CLTの材料強度特性に関する実験的研究 ―圧縮・せん断・接着せん断特性に及ぼすラミナ方向の影響―
平成28年度竣工・着工物件を対象としたCLTパネルを活用した道内建築物の特徴と課題の整理及びCLTパネル工法接合部のデータベース化
室内木質化システムの構造安全性確保のための構造仕様の提案
釘及び木ねじ接合部の構造耐力に及ぼす打ち込み角度の影響に関する実験的研究 ―引き抜き・せん断・複合応力作用時の基本特性の把握―
道内役場庁舎建替計画事業における木製ハイブリッドカーテンウォールシステムの開発
構造用合板による出隅柱と横架材接合部の補強効果に関する実験的研究 ―直交方向の補強効果の影響―
道内既存外断熱建築物の実績追跡調査及び実態調査に基づく構造安全性の検証

■足立研究室

養生条件を変化させたコンクリートの長さ変化と静弾性係数の経時変化に関する実験的研究
表面含水率計によるコンクリートのプラスティックひび割れ発生評価に関する研究
コンクリートの積算温度-圧縮強度関係に及ぼす含水率の影響に関する実験的研究
コンクリート下地セメントモルタル塗り施工後の温湿度条件による含水率の変化に関する実験的研究
コンクリート下地セメントモルタル塗り施工後の養生環境条件による含水率の変化に関する実験的研究
沼田町の既存補強コンクリートブロック造およびセラミックブロック造建築物 における耐久性評価のための調査研究
ガラスカレットを用いた光を透過するコンクリートに関する実験的研究
光ファイバーを用いた光を透過するコンクリートに関する実験的研究
外断熱改修後28年が経過したRC造建築物のかぶり厚さと鉄筋腐食状況の関係
外断熱改修後28年が経過したRC造建築物の外観、中性化および圧縮強度に関する調査研究
数件の既存外断熱建築物外観調査による外断熱建築物設計施工における要点の抽出

平成30年度 卒業研究はこちら