学科紹介

生命工学科

学科の特徴

コンセプト

・社会が求める、生命科学と人間情報工学の融合

グリーンテクノロジーの時代───バイオと情報技術の融合
ゲノム情報や再生医学が拓く新しい分子医療
インターネットと人間工学の技術を高齢福祉社会に活かす

・「生命科学」と「人間情報」の知識・スキルを幅広く習得

生命工学科の2つの柱となるのは、理学系科目を中心とした「生命科学系」と工学系科目を中心とした「人間情報工学系」で、いずれかの系の重点的な履修だけでなく、分野横断的に両系統をバランスよく学ぶことができます。「生命科学」と「人間情報」の知識・スキルを幅広く習得した、次世代産業の創生に貢献できる人材の育成を目指します。

■ 選択性の高いカリキュラムで幅広い教養を習得
選択性の高いカリキュラムで、幅広い分野横断的な教養の習得を可能にし、「広い洞察力」を有するライフ・サイエンス・テクノロジストを育成します。

■ 1年次は一般教育を中心に、2年次から先端の専門教育へ
1年次は豊平キャンパスで一般教育科目と専門の基礎科目を、2年次以降は山鼻キャンパスで先端的専門教育科目を学びます。4年次は集大成の卒業研究に取り組みます。

■ 多くの実験・実習・演習で先端技術を体感
化学実験、情報リテラシー演習、バイオテクノロジー実習やプログラミング実習など多くの実験・実習・演習があり、先端技術を実際に体感することで理解を深めます。

■ 新世紀の基幹産業であるIT・バイオ関連分野への就職
生命科学系は、医療、食や環境などのバイオ産業分野へ、人間情報工学系は生体工学を含む情報コミュニケ ーション分野への就職が期待されます。

■ 理科の教員免許が取得可能。大学院へも高い進学実績
教職課程を履修すると、中学校と高等学校の理科の教員免許が取得できます。本学や他大学の大学院への道も開かれており、より高度な技術者、研究者を目指すこともできます。

■ 集まれ、理系女子! 生命系分野は女子が活躍しやすいフィールドです
生命工学科で学べる各分野には、男女の向き不向きはありません。生命系分野は女性の割合が他の分野に比べて高く、女性が活躍しやすいフィールドです。

資格

生命工学科生が取得できる資格
●教育職員免許
 中学校教諭1 種 / 理科
 高等学校教諭1 種 / 理科

生命工学科生が目指す主な資格試験
●教育職員免許
●バイオ技術者認定試験(中級および上級)
●バイオインフォマティクス技術者認定試験
●ITパスポート試験
●基本情報技術者試験
●応用情報技術者試験
●システム監査技術者試験
●ネットワークスペシャリスト試験
●情報セキュリティスペシャリスト試験 など