学部案内

工学部について

「自由と不屈の開拓者精神」を基調に

工学部は、藻岩山の麓、山鼻キャンパスに1962年に開設された北海短期大学土木科を母体として、1968年に発展的に設置されました。当初は本学の建学の精神である「自由と不屈の開拓者精神」を基調に北海道開発の活発な動向に応えるべく、建設系の土木工学科と建築学科の2学科体制でスタートしました。
その後、工学部のさらなる発展と情報化社会への貢献を期して、1987年に電子情報工学科、2012年に生命工学科を新設し、4学科体制で今日に至っています。この間、学生定員については、何度かの変更がありましたが、現在の4学年収容定員は、土木工学科(2005年度から社会環境工学科へと名称変更、以下「社会環境工学科」という。)240名、建築学科280名、電子情報工学科280名、生命工学科240名で、総計1,040名であります。
本学部のこれまでの卒業生は、社会環境工学科では短期大学土木科卒業生も含め4,388名、建築学科は3,887名、電子情報工学科では2,038名に達しています。全体としては10,313名と多くの卒業生を民間企業、官公庁などに送り出しています。卒業生が活躍している地域は北海道が中心でありますが、道外にも多くの卒業生が進出しています。