講座・イベント

『アートに触れる』企画展

アート系学生の作品を社会に発信

建築学科の米田浩志研究室では、アートやデザイン、クラフト、建築などを学んでいる北海道内学生の作品を展示する企画展『アートに触れる』に参加しています。
学生が主体となって企画し、札幌駅前通地下歩行空間を会場に2011年から行われ、2012年は11の大学と専門学校が参加。
建築分野からは本学のみの参加で、道内建築系大学を代表しての出展となっています。
米田研究室では協同作業で一つの作品を造ります。この企画展で学生の作品を社会に発信すると同時に、卒業設計の制作に入る前にさまざまな経験を積むことができます。