学部案内

学部長からのご挨拶

工学を目指す皆さんに

工学部は、今年開設から50年の節目を迎えました。その歴史は、大規模なインフラストラクチャーから微小スケールの細胞・DNAまでの広範囲の「ものづくり」を担うべく、4つ学科を、科学技術の発展に合わせて順次設置してきたものです。そして、各学科が2つあるいは3つの柱を据えてカリキュラムを展開することにより、広い領域の知識と技術を学ぶことができる構成になっているのが特徴と言えるでしょう。

1968年に開設された土木工学科は、その後社会環境工学科に改称され、道路・橋・ダム・鉄道などのスケールの大きなインフラストラクチャーの設計・デザインと維持管理を中心とする社会環境コース、環境・情報・都市学を中心とする環境情報コースの2コースへと展開しています。土木工学科と同時に開設された建築学科は、建築に関するシステムデザイン・空間デザイン・環境デザインの3つの系を設けることにより、一級建築士を目指す学生、美的デザインを学びたい学生、また快適な建築空間に興味を持つ学生も満足できるカリキュラムを展開しています。

電子情報工学科は、先端的なハードウェア・ソフトウェア技術を支える電子工学と情報工学をともに学ぶ学科として1987年に開設され、ソフトウェア開発の一大拠点とされる札幌圏をはじめ、全国へのIT技術者の供給源となるとともに、電子工学を重視するハードウェア系企業からも注目されています。最も新しい生命工学科は、生命科学と人間情報工学を学ぶ学科として、2012年に開設されました。時代の先端を切り開くバイオテクノロジーとITに裏打ちされた人間工学を共に学んだ人材が、「人」と「生命」をとりまく分野で活躍し始めています。

このような学科の展開によって、国・自治体・企業等へ多くの人材を送り出しており、それと同時に、高等学校・中学校の教員免許も取得可能であることから、工学に関する広い知識を持つ高校・中学教員として活躍する卒業生も少なくありません。そして、もちろん、大学院を経て大学教員として高度な研究と教育に携わる人材も多く生み出してきました。

これからの工学は、近年の大規模化する自然災害への対応や急速に進展する情報技術・生命科学の活用など、私たちを守り支援する技術として、ますますその重要性を増とともに、そのあり方も大きく変容していくことは間違いありません。それは、本学の建学の精神である「開拓者精神」を発揮できる場でもあります。

そのような変化の時代においては、教員もまた学生とともに新しい技術の展開を考え、学んでゆく必要があります。多くの学生が、この魅力的な工学の世界に足を踏み入れることを願っています。それには、高校の数学・理科の確実な知識と理解が必要ですが、それに少々不安を覚える場合でも、心配する必要はありません。1年次を中心に、それらを学び直すための科目も配置しているからです。是非、大学案内、オープンキャンパス、ホームページなどを通じて、北海学園大学の工学部を探索して見てください。