大学院 工学研究科

大学院 工学研究科

教育研究上の目的

本研究科は、建設工学専攻分野及び電子情報生命工学専攻分野における基礎的・応用的な専門知識と技術を身に付け、人間社会と地球の未来を見渡す広い視野を持ち、創造性豊かな研究者・技術者として、新しい科学技術の研究開発やその具体的実現を積極的に担っていく人材の育成を目指す。

修士課程
【教育(建設工学専攻)】

本学社会環境工学科と建築学科を基礎とし、とくに積雪寒冷地域にふさわしい高度な実践的専門知識を修得した専門技術者の養成。

【教育(電子情報生命工学専攻)】

高度情報社会を支える情報工学の理論または応用の面で学識ある人材の養成。
情報工学の専門技術を産業で生かそうとする専門技術者の養成。


博士(後期)課程
【教育(建設工学専攻)】

積雪寒冷地社会の形成に必要とされる工学理論の独創的研究と高度な応用研究に従事する人材の養成。

【教育(電子情報工学専攻)】

技術革新のテンポが著しいのは、先端研究の進展速度が速いことにもよる。
情報工学分野における先端技術の理論と応用の研究従事者の養成。