学科紹介

社会環境工学科

卒業後の進路

毎年高い就職率を維持 卒業生もバックアップ

社会環境工学科は毎年、高い就職率を維持してきました。既存学科のカリキュラムを継承している社会環境コースは従来通り、社会基 盤整 備に関する計画・設計・建設に従事する公務員や建設会社、コンサルタント会社、道路会社等の民間企業への就職が可能です。

環境情報コースでは、時代のニーズの変化により、従来の社会基盤整備に関する知識・技術にIT技術を加え、幅広い教育を行います。したがって、卒業後の進路は現在よりも一層多様化し、間口の広い就職先が予想されます。

社会環境工学科は、すでに多くの卒業生を輩出しており、各分野の第一線で活躍している卒業生のネットワークは、就職活動においても力強い味方となります。教授陣とOB会の連携バックアップにより、技術士や技術士補として活躍する卒業生も多数います。