学科紹介

建築学科

カリキュラムの特徴

新体制・4つのポイント

[1. 文学系思考の学生にも挑戦しやすい入試科目 ]
維持管理に関する科目では、自然環境、特に北海道の地域特性を考慮した社会基盤の建設技術や維持管理技術を学びます。

[ 2.選択性を重視したカリキュラム改定 ]
防災に関する科目では、多発する地震、台風による風水害、地すべり、火山等に対する防災対策を、ハード的な面から主に学んでいきます。

[ 3.基礎から応用までの発展型カリキュラム ]
設計・デザインに関する科目では、特に工学基礎としての数学、物理学、構造力学、水理学、土質工学等の基礎的教育を重点的に行い、その上で応用力のあるデザイン能力の養成を目指します。

[ 4.就職、資格取得のためのサポート ]
実績ある本学就職部のサポートに加え「学生とOBの交流会」開設を予定。第一線で活躍する先輩たちと触れあう場を設けるなどして、夢を実現するための手助けをします。また、新たに建築士資格取得講座の開設も予定しています。