学科紹介

建築学科

卒業研究

平成29年度 卒業研究参考テーマ

平成29年度当初に教員から4年次の学生に対して、ガイダンス資料として提示されたものです。年度末に提出される卒業研究の題目と異なる場合があります。

意匠・計画・環境分野

■佐々木(博)研究室

論文
ゼロエネルギー住宅の発電量と太陽熱の集熱状況の研究
論文
ゼロエネルギー住宅のヒートポンプ暖房・給湯とロードヒーティングに関わるエネルギー使用量の研究
論文
住宅の省エネ関連の基準と行政等の支援の研究
論文
北海道内の太陽光発電設置状況の研究

■佐藤(哲)研究室

論文
日常生活における音暴露量調査
論文
音のうるささと背景音の関係に関する音響心理実験
論文
「静けさ」研究(文学作品のなかでの表現と場、風景に見る静けさ、都市の中の静かな空間発見、など)
論文
札幌における音バリアフリー調査
論文
新聞記事や苦情から見た騒音問題の変遷
論文
音環境や環境心理に関する自主テーマ

■米田研究室

設計
高密度な都市空間を最適化する建築・空間デザイン
設計
北海道の自然風景を視覚化する建築・空間デザイン
設計
身体的な潜在能力を顕在化する建築・空間デザイン
設計
歴史的な建築遺産を保全化する建築・空間デザイン
設計
自然界の秩序形態を具現化する建築・空間デザイン
論文
建築家及び建築作品のデザイン分析、建築評論など

■石橋研究室

設計
医療・福祉施設を題材とするもの
設計
公共施設・空間を題材とする自主テーマ
論文
医療施設の建築計画に関するもの
論文
福祉施設の建築計画に関するもの
論文
高齢者や障害者に配慮した移動環境のあり方に関するもの
論文
UR都市機構澄川団地におけるコミュニティ形成に関するもの
論文
UR都市機構澄川団地住戸内における居住者による自己改修・改善に関するもの
論文
公共施設・空間のあり方を問う自主テーマ

■岡本研究室

設計
自由テーマ(建築の社会性,地域における役割/責任に配慮)
設計/論文
地方のまちにおける空き家の再生と活用について
(沼田町地元の理解と交流を踏まえ空き家に住込みDIY再生)
論文/設計
団地の住まい方調査分析と再生提案/地域における団地の役割(UR都市機構 澄川団地の再生)
論文/設計
地方のまちにおける移住促進に貢献する住まいのあり方(上川町の移住促進モデル住宅計画との連携)
論文
人口減少時代のニュータウン(or 分譲マンション)のあり方(空き地・空き家,景観,多世代混住,ごみステーションなど)
論文
自由テーマ(住民意識や生活実感に配慮し対象の将来像を探る)
構造・材料・施工分野

■串山研究室

論文
アイスシェルの制作(注:これは,B1~B3のテーマを選択した者全員が共通で取り組むテーマとして予定)
論文
シェル構造物の解析と設計に関する文献の翻訳
論文
シェル構造物の応力解析と試設計
論文
ドーム球場の試設計
論文
自主テーマ(要相談:例えば,構造,防災或いはプログラミングに関連するテーマなど)
論文
RC外柱基礎接合部の部分架構性能に関する実験
論文
RC部材の付着性状
論文
液状化地盤における建物や杭基礎の地震応答解析
論文
RC柱のせん断抵抗機構
論文
地震観測記録に基づく建物への入力地震動の検討
論文
繰返し地震動を受ける建物の最大応答変位

■真柄研究室

論文
Excelによる応力略算プログラムの開発
論文
木造住宅の耐震診断法について
論文
具体例による建築構造物の構造設計
論文
自主テーマ

■杉山研究室

論文
コンクリートの中性化に関する実験研究
論文
コンクリートの耐久性に関する実験研究
論文
コンクリートの強度特性に関する実験研究
論文
自由テーマ(研究課題の提案内容により対応する)

■新任教員

論文
木質構造部材及び接合部の設計・評価技術に関する研究(構造設計技術支援)
論文
CLT(Cross Laminated Timber)床版の変形あるいは振動挙動に関する研究(新たな木質建築材料の活用技術)
論文
CLT(Cross Laminated Timber)活用のための設計・施工支援技術の構築(新たな木質建築材料の活用技術)
論文
木質床構造の使用性能評価・設計法構築のための研究(構造設計技術支援)
論文
既存補強コンクリートブロック造建築物の耐震診断技術に関する研究(既存建築物の活用技術)
論文
鉄筋コンクリート造異形柱の構造特性に関する研究(構造設計技術支援)
論文
自主テーマ

■足立研究室

論文
外断熱建築物の耐久性に関する調査研究
論文
コンクリートの乾燥収縮とひび割れ発生に関する実験研究
論文
鉄筋腐食に関する実験研究
論文
長期的視点に立った建築物評価方法に関する研究
論文
自主テーマ

平成28年度 卒業研究はこちら