高氏 秀則

高氏 秀則タカウジ ヒデノリ

Hidenori Takauji
電子情報工学科
教授

取得学位博士(工学)(北海道大学)
担当科目制御工学Ⅰ・Ⅱ、センサ工学、プロジェクト実習、基礎演習
専門分野知能ロボティクス
研究テーマ画像・点群照合によるロボットの環境認識
キーワード ロボットビジョン、知覚情報処理、画像計測、3次元形状認識、視覚情報提示
教育・研究への
取り組み
今後多くの分野でロボットの活躍が期待されている一方で、ロボット技術は今なお発展途上にあります。我々の研究室では、人間の目と脳の機能をカメラと計算機で代用したロボットのための環境認識技術や、それを応用した自動化技術について研究を進めています。机上の空論で終わる技術ではなく、現実世界で役立つ技術を開発したいと常々考えています。現実世界で「もの」を動かすことは容易なことではありませんが、その分やりがいも大きく、成し遂げられたときの達成感・充実感が高い研究です。ロボットは電子・情報系の知識を身に着ける上でも良い研究テーマです。ロボット研究を通して、ものづくり技術の一端を体感してみませんか。
趣味キャンプ、魚釣り、野球
おすすめの作品ロボット(R.U.R.)カレル・チャペック作

受験生へメッセージ

我々の研究室ではロボットビジョンの研究を進めています。「私の」研究室ではなく、あえて「我々の」研究室と書いたのは、大学での研究は一人で行うものではないことを伝えたかったからです。大学の研究は学生と教員からなる研究室メンバー全員の協力はもちろんのこと、他の研究室、更には共同研究先や講演会などで意見を頂く他大学の先生も含めて、研究室外の方々の協力もあって初めて成し遂げられるものだと考えるからです。ロボットやカメラに興味のある方は、ぜひ我々の大学に来られて、我々の研究室の一員として、世界の人々を幸せにする研究成果を一緒に目指しましょう。