菅原 滋晴

菅原 滋晴スガワラ シゲハル

Shigeharu Sugawara
電子情報工学科
准教授

取得学位博士(理学)
担当科目基礎演習、電子物性、固体電子工学、電子工学実験Ⅰ、電気電子材料学、卒業研究
専門分野物性物理学
研究テーマ低次元電気伝導体の磁気抵抗効果と電子状態の研究、Bi骸晶表面の反射スペクトルと電子状態の研究
キーワード 磁気抵抗効果、低次元電気伝導体、Bi、半金属、ディラック
教育・研究への
取り組み
教育では、学生が自分で手を動かして頭を働かせること、自己評価能力を磨くことの2点が特に重要であると考え、演習や小テストに重きを置いた講義を行っています。研究では、これまでに行ってきた磁気抵抗現象の研究に加え、安価で安全かつ興味深い物性研究材料としてBi(ビスマス)に注目し試料作製や反射率測定などを行っています。世の中の役に立つことをやるなどといった使命感や義務感は持たず、自分や学生がおもしろいそうだと思うことを気楽にやっています。
趣味サイクリング、育児
おすすめの作品インターステラー (ブラックホールコワい。)

受験生へメッセージ

健康第一です。