前田 秀基

前田 秀基マエダ ヒデキ

Hideki Maeda
電子情報工学科
教授

取得学位博士(理学)(早稲田大学)
担当科目物理学概論Ⅰ・Ⅱ、コンピュータ科学、物理学Ⅰ・Ⅱ
専門分野物理学(重力理論)
研究テーマ(1)空間はなぜ3次元なのか、(2)時間と空間の正体は何か、(3)宇宙に始まりや終わりはあるのか、もしあるならばどのように誕生し終わるのか、という3つの問いに答えることが大きな目標です。それに近づくために(i)重力・時空の本質はブラックホールの性質の中に投影される、(ii)これらの問いの最終的な解答には重力の量子論が必要である、という考えに基づいて一般相対性理論やそれを拡張した重力理論の研究を行っています。
キーワード 一般相対論、ブラックホール、量子重力、宇宙論
教育・研究への
取り組み
 教育では主に工学部1年生の物理科目を担当していますが「2年生以降の専門科目を学ぶのに必要な物理学の基礎知識を全員が習得する」かつ「レベルの高い学生にも新しい発見がある授業を行う」ということを目標にしています。授業では講義ノートを配布することでノート取りの労力を減らし、できるだけ学生が説明に集中できるように努めています。
 一方研究において、私はノートパソコンと紙とペンしか使わずお金や場所をあまり必要としません。しかし高いパフォーマンスを出すには静かな環境でのたっぷりした時間が必要なので、それが得られるように努めています。
趣味テニス

受験生へメッセージ

「力学」・「熱力学」・「波動」・「電磁気学」・「原子の物理」の5分野から成る高校物理の内容は非常に豊富です。「物理はたくさんの雑多な公式ばかりでつまらない」という印象を持っている人がいると思いますが、実は物理学は「ごく少数の基本法則・原理から宇宙のすべての現象を説明する」という科学において最もエレガントで強力な分野なのです。残念ながらそのような姿は高校の内容ではわずかしか見えないのですが、それでも高校物理の教科書は素晴らしく書かれており、しっかりと理解すればかなり高いレベルに到達できます。「難しい問題集ばかりに取り組んで教科書をおろそかにする」ということのないように勉強を進めてください。